masatsu file

猫の写真を毎日アップ。iPhone,Android等デジタルガジェットの話題もあり。

masatsu file > レンズ

‘レンズ’ のタグが付いた投稿

RX7 じゃなかったのね(^^;

株式会社リコーは、28~85mm相当の光学3倍ズームレンズを搭載した513万画素デジカメ「Caplio GX」を5月20日に発売する。価格は73,500円。

コンパクトデジカメながら 28mm 相当の広角撮影が可能な Caplio RX の上位機種。残念ながら名前は RX7 ではありませんでした(^^;。しかし、三月下旬に RX を出して二ヶ月後に GX とはなかなかのハイペースです。

GX

で、このカメラなかなか良さげです。光学ズームは 3.6 倍から 3 倍になってしまいましたが、私が懸念していた F 値が広角端で 2.5 になっています。面白いカメラだと思います。

実はキャッシュバックキャンペーンが終わるまでに DiMAGE Z2 を買おうかと思っていたのですが、思いとどまった方が良いかも。

そもそも Z2 と GX では求める方向が全然違うカメラなんですけどね。一体自分はどんなカメラが欲しいのか、そこから考え直さないとダメかもしれません。

店頭で物色

先日、大阪へ出張した際、少し時間が空いたのでヨドバシカメラでデジカメを見てきました。

・DSC-J4
今使っている DSC-J1 の後継機なのに、買換候補に挙げてもらえないかわいそうな機種です(^^;。外見は思った以上にコンパクトで好印象でした。デザインはやはり他社のデジカメを意識してる部分が感じられます。レンズカバーと電源が連動していてオープンするとすぐに撮影可能状態になります。なかなか良い方に進化していると思いますが、この機種は買いません(爆)

・Caplio RX
近所の量販店では前の機種である Caplio G4Wide しか置いてないので実物は初めて見ました。Caplio G4Wide がちょっとずんぐりしているのに対して、Caplio RX は大分スマートになってます。店頭で触っただけでは広角のありがたさがあまり実感できませんでした(爆)。それよりどうやったらデジタルズームが有効になるのかが分からなかったのが残念。ズームスピードが速すぎるのか、ボタンを押したらすぐに望遠端までズームします。ズームが速いのは結構な事ですが、押した分だけズームという感じが望ましいかな。この機種はレンズが暗いのがやはり気になります。もう少し明るいレンズを搭載した Caplio RX7 の発表を待ちましょう(妄想です、念のため)

・PowerShot S1 IS
DiMAGE Z2 と比べるとよりカメラっぽいデザインで凹凸は少ないですが、やっぱりデカイと感じます。バリアングル液晶は面白そう。このカメラはも Caplio RX と同じでズームボタンを押すとすぐに望遠端まで行ってしまいます。手振れ補正はオンにしてなかったのか効果分からず。コンパクトフラッシュなのも私的にはマイナスポイント。

・DiMAGE Z2
光学ズームは速すぎることも遅すぎることもなく良い感じ。でも望遠端からデジタルズームで最大までズームするのに時間がかかりすぎのような感じがします。筐体は嫌いじゃないですが、やっぱり通勤には持っていけないよなぁ。

現状の機種ではやはり DiMAGE Z2 に惹かれますが、現実問題運用の困難が予想されるので、もう少し頭を冷やしたいと思います。

週末フォトグラファーへ転身?

「今日の猫」で「高倍率ズームのデジカメが欲しい」と書いてますが、実際のところはデジタルズームでもきれいに撮れるデジカメが欲しいのです。デジタルズームはトリミングなので基本的に画質が劣化するのは理解しているのですが、どうも最初のデジカメ、リコーの RDC-7 のイメージが強く残っているのです。あの当時はほとんどデジタルズームを使ってフレーム一杯に猫の写真を撮っていました。でもそんなに画像が悪かったとは思えないのです。この辺は好みの問題なのかもしれません。私はリコーのデジカメの画質が好きなのかも、ということで単純な私はまずリコーのデジカメを物色しました。するといきなり面白そうな機種を発見しました。それは Caplio RX です。

Caplio RX

この機種の面白いところはコンパクト機でありながら 28-85mm 相当の広角ズームレンズを搭載している点です。光学ズームも 3.6 倍で今の DSC-J1 の 2.8 倍に比べると大躍進です。私が重視するレスポンスも高速でなかなか良さげです。デジカメはどうしても広角が苦手です。猫を撮ってるときはあまり感じませんが、室内で距離をとれないとき、建物を撮るときなどもっと広角で撮れればなぁと思ったことが何回もあります。ただ、このカメラ、F値が 3.1~5.8 とちょっと暗いレンズなのです。そこが難点と言えば難点です。

最初、半分以上冗談だったデジカメ買い換えがこの機種との出会いで少し広がりました。というのは、なんだかんだ言いながら私は今の DSC-J1 が気に入っていて、他のカメラは眼中に無く、新機種がでても真剣にスペックとか見てなかったからです。

他の機種だと、NIKON COOLPIX 3700、Panasonic DMC-FX1 が候補に挙がります。
COOLPIX 3700 は小型軽量ながら画質に定評があります。マクロにも強く、動画も VGA で撮れて DSC-J1 とよく似たタイプです。カメラ本来の性能は COOLPIX 3700 の方が上でしょうから、DSC-J1 をリプレースするには最適だと思うのですが、それ故にインパクトは欠けます。
DMC-FX1 はコンパクト機で初めて手振れ補正を搭載したデジカメです。Panasonic のデジカメはライカレンズを採用していてなかなか魅力的ですが、マクロが 10㎝ なのは少々物足りないです。
現状で DSC-J1 からリプレースするならば、レンズの暗さに目をつぶって Caplio RX になるでしょうか。でも、そうなると動画の弱さが目につきます。DSC-J1 は”傑作”とは呼べないもののポイントを押さえた”佳作”デジカメだと改めて思いました。

コンパクト機のリプレースが頓挫しかけたところで、何をトチ狂ったか、本当の高倍率ズーム機にまで触手をのばしてしまいました。
続きを読む

J3 は?

三洋電機は3月11日、有効400万画素のCCDを搭載したデジタルカメラ「Xacti DSC-J4」を4月9日に発売すると発表した。6万円。

DSC-J4

私が使っているデジタルカメラ DSC-J1 の三代目。画素数が 400 万画素にアップしています。さらに今回は筐体もモデルチェンジしています。
# 横長になって一世代前の流行りを今更追っかけてるようなデザインですが。

個人的にはレンズカバーと電源が連動したのが好印象。実際には故障の温床となるかもしれませんが(^^;。

今のところ J1 に不満がないので買い替えるつもりはありません。もし買い替えるとしても同じ三洋の DMX-C1 の方が気になります。奇抜なスタイルですけど良さげな感じ。

ところで DSC-J2 の後継機がなぜ J4 なんでしょう? DMX-C1 が J3 扱いなのか? 400 万画素だから J4 なのか? 謎は残ります。

21 / 21« 先頭...1718192021
Feed Me!

Feedburner

blogram投票ボタン

Follow Me!

  • 月別アーカイブ

  • 最近のトラックバック

  • リンク