masatsu file

猫の写真を毎日アップ。iPhone,Android等デジタルガジェットの話題もあり。

masatsu file > h4350

‘h4350’ のタグが付いた投稿

NOKIA E63 は何猫?

デバイス名のお話。

iPAQ h1920 以降、PDA やスマートフォンのデバイス名には猫の名前を付けるのが慣例になってます。

歴代 PPC/WM デバイスの名前は以下の通りです。

iPAQ h1920:”Siamese_cat”(シャム猫)
私にとって初めての PocketPC デバイス。これ以前は PPC にあんまり良いイメージがありませんでした。銀色「っぽい」猫ということと、ニフティ時代のハンドル「シャムウェイ」に引っ掛けて命名。

iPAQ h4350:”Mayailurus”(イリオモテヤマネコ)
私にとって初めての前面QWERTYキーボード搭載デバイス。資金調達に手放したのが悔やまれました。筐体が大きいので少し大きめの猫をイメージしてイリオモテヤマネコに。古い学名を採用したのは「あずまんが大王」の影響による。愛称は「マヤー」。

W-ZERO3:”Mighty_Cat”
私にとって初めてのスマートフォン。Mighty Cat は Apple PowrBook 2400c/240 のコードネームで、W-ZERO3 を横から見ると PowerBook 2400c によく似てる事から命名。ちなみに私が所有していた PowrBook 2400c は Mighty Cat ではなく Comet の方。
現在、W-ZERO3は二代目のシャンパンゴールドを保有してますが、こちらには特にデバイス名を付けていません。

W-ZERO3 [es]:”Artemis”(アルテミス)
私にとって初めてのデュアルキーボード搭載デバイス。アルテミスはギリシア神話の月の女神ですが「白猫でアルテミス」といえば思い当たる方もいらっしゃるでしょう。美少女戦士セーラームーンでセーラービーナスこと愛野美奈子をサポートする白猫がアルテミスです。W-ZERO [es] の白を買うと決めたときに最初に浮かんだのがこの名前だったのですが、イマイチかな~、と思いつつ他に思い浮かばなかったのそのまま採用。

X01HT (HTC Hermes):”LUNA”(ルナ)
私にとって初めての HTC 製デバイス。ルナはやはり、美少女戦士セーラームーンでセーラームーンこと月野うさぎをサポートする黒猫の名前です。白の W-ZERO3 [es] のデバイス名がアルテミスだったので、黒の X01HT のデバイス名はルナで良いだろう、と安直な理由で決めました。

その後入手した、705NK、912SH は Bluetooth の設定でデバイス名を入力できますが、そこは機種名のままでした。

E63 も Bluetooth の設定でデバイス名を入力できるのでそこに名前を入れました。

E63 のデバイス名は Robby。愛称は「ロビくん」です。

この名前は travelica さん内のネコニッキの主役、ロシアンブルーのロビくんからいただきました。

私が買った E63 はウルトラマリンブルー。青い猫といえばロシアンブルー。ロシアンブルーといえばロビくんということで、実はかなり早い段階で決めていました。

masatsu file に猫目当てでお越しの方が、このエントリをご覧になることは無いかもしれませんが、猫好き方にはこのネコニッキ、お勧めです。ロビくんの日常の色々な表情が楽しめますし、それらの写真を通して飼い主の方の愛情も感じられます。捨て猫のモコちゃんが登場してからのロビくんの苦悩と闘いの(?)日々の様子も見てる分には楽しいです(^^;。私はこのサイトを見て、将来もしも猫を飼うことがあるならロシアンブルーが良いな、と思いました。それくらいお勧めです。

閑話休題。まあデバイス名を付けたところで機能的には全く変化は無いのですが、やはり愛着は倍加しますよね。デバイス的には気に入ってるのでできるだけ長く「ロビくん」と付き合っていきたいです。
# 故障等で使用不能になるより、私の移り気でお別れする可能性の方がかなり高いのですが(爆)

ごめんね素直じゃなくて

W-ZERO3 [es] のデバイス名のお話。

歴代 PPC/WM デバイスの名前は以下の通りです。基本的に猫関連の名前が付けられています。

・h1920:”Siamese_cat”(シャム猫)
銀色っぽい猫ということと、ニフティ時代のハンドルに引っ掛けて命名。

・h4350:”Mayailurus”(イリオモテヤマネコ)
筐体が大きいので少し大きめの猫をイメージしてイリオモテヤマネコに。古い学名を採用したのは「あずまんが大王」の影響による。通称は「マヤー」。

・W-ZERO3:”Mighty_Cat”
MightyCat は Apple PowrBook 2400c/240 のコードネームで、W-ZERO3 を横から見ると PowerBook 2400c によく似てる事から命名。

そして、
・W-ZERO3 [es]:”Artemis”(アルテミス)
アルテミスはギリシア神話の月の女神ですが「白猫でアルテミス」といえば思い当たる方もいらっしゃるでしょう。ズバリ由来はそれです(爆)。
W-ZERO [es] の白を買うと決めたときに最初に浮かんだのがこの名前だったのですが、イマイチかな~、と思いつつ他に思い浮かばなかったのでこれになってしまいました(^^;。

ただ、HTC の新しいデバイスの中に Artemis という名前があるのを知って、ちょっと複雑。改名しようかな(爆)。

サヨナラh4350

諸事情により(物欲の果てに?)h4350を手放すことになりました。

何回か書いてきましたが、h4350は現行機種も含めて私にとって一番理想に近いPDAです。
そのh4350を手放すということは当面他のPDAは買わないということです。

今後住所録に関しては携帯電話でまかなって、スケジュール管理等は紙の手帳を使う予定です。

h4350を手放すに当たっては色々悩みました。物欲が発生する前からPDAとの付き合い方を
考えていたというのもまた事実です。

今後お一切PDAを買わない、というわけではないですがしばらくはPDAの無い生活を続けたいと
思います。今までありがとう。

h4350についてのエントリをこちらにまとめました。

環境の再構築は面倒

はてなダイアリー – Kzou’s Diary (^^ゞ

[PDA]hp iPAQ h4350のROMアップデーター

最近「今日の猫」以外の記事がないので  PDA の話題など(^^;

現在私が使っている PDA、iPAQ h4350 の ROM アップデータが公開されたようです。

基本的にこういうのはすぐに導入したい質なのですが、どうやら ROM をアップデートするにはハードリセットが必要なようです。最近なにかと忙しいので余裕をもって作業できる時間がとれそうにないので、しばらくは放置とします。

でも、環境の再構築は面倒ですが、一度やってみたいとは思っているのです。今の状態は購入当初に試行錯誤で導入したアプリのレジストリやらなんやかんやが残ってると思うので、一旦ハードリセットした後、必要なアプリだけ入れて今の環境を再現したいのです。

ROM アップデートは良い機会だと思うので時間がとれたら再構築も含めてやってみようと思います。

理想の PDA

どうやらPsion Revo後継らしい。Psionが開発した「Thor」(CeBit 2000での画像)というハンドヘルドで、QWERTY配列のキーボードを持つ。解像度640×240、Bluetooth・デジカメ内蔵、MP3再生可能。

revo の後継機ですか。revo はコンパクトなボディにキーボードを備えた、私にとって理想に近い PDA でした。ただ充電問題等でメインで使っていくには厳しい状況でした。

その後、サブノート PC の購入した辺りから、ビューワとしての PDA を求めるようになり、デバイスも Palm、PocketPC と変わってきました。

その中でキーボードを欲する部分も常にあり、ついに h4350 に辿り着きました。

最近やっと h4350 に慣れてきましたが、コイツは良いです。現時点で私の理想の PDA であるといえます。revo の後継機も、VGA PocketPC も今は必要ありません。

h4350 をどんどん使い込んでいきたいと思います。

h4350 にストラップをつける

今更ながら h4350 にストラップを付けました。

ストラップは金曜日にヨドバシカメラで調達。携帯電話用のごく普通のストラップです。

h4350 にはストラップホールがないので、先人たちの例に倣って、背面の螺子を一旦外してそこにストラップを付けることにしました。

ここで問題が一つ。h4350 の螺子はトルクスでないと外せません。一般家庭にトルクスなどあるはずもないので調達しなければなりません。ここも先人たちの情報に従いダイソーへ行きました。

しかし、ダイソーにはトクルスと明示された商品はありませんでした。「どうせ100円だから」と、それっぽいヘッドのついたドライバセットを買って帰りましたが、大きさが合いませんでした。h4350 には   T5 のトクルスが必要なのです。

帰宅後今度はホームセンターへ行きました。T5 のトルクスはありましたが、その値段にビックリ。661 円もしました。ダイソーで見つけられなかったのが悔やまれます。

ストラップとトルクス

思ったより穴が小さいのと紐が太いのとで、取り付けは少し手間取りました。

裏側

これで今まで以上に h4350 をアクティブに使えることでしょう。

1 / 3123
Feed Me!

Feedburner

blogram投票ボタン

Follow Me!

  • 月別アーカイブ

  • 最近のトラックバック

  • リンク