masatsu file

猫の写真を毎日アップ。iPhone,Android等デジタルガジェットの話題もあり。

‘GRD’ のタグが付いた投稿

いろいろな意味で手が出ない

GR

ペンタックスリコー、APS-C世界最小の28mmコンパクト「GR」

ペンタックスリコーイメージングは、リコーブランドのコンパクトデジタルカメラ「GR」を5月下旬に発売する。価格はオープンプライス。直販価格は9万9,800円。

つい書きそびれていましたが、GRデジタルの新機種が発表されました。デジタルもナンバーも省略されて GR のみのシンプルなネーミングになりました。

最大の注目点はやはり、APS-Cサイズの撮像素子を搭載していることでしょう。思えば初代GRデジタルが発売される前にはAPS-CサイズのCCDが搭載されるという噂が流れてましたが、結局1/1.8サイズのCCDでガッカリだった人も多いのではないでしょうか。あれから7年半、ようやく噂が現実になりました。

APS-Cサイズの撮像素子を搭載しつつ、このサイズに収めたのは驚きですが、お値段も驚きの10万円弱です。これは逆立ちしても手が出せません。

逆に GR の発売で値段が下がるであろう、GRD IV を狙おうかともちょっとだけ思いましたが、猫撮り中心の私には28mm単焦点のカメラをメインに据えることはできません。

ということで、デジタルカメラ版のGRとは縁が無さそうな気配です。MX-1が28mm単焦点じゃなかったことに感謝すべきでしょうか。

GRD1v登場?

リコー、手ブレ補正を搭載した「GR DIGITAL IV」 – デジカメWatch

リコーは、コンパクトデジタルカメラ「GR DIGITAL IV」を10月中旬に発売する。価格はオープンプライス。店頭予想価格は8万円前後の見込み。

GR DIGITALの四代目が発表されました。で、名前をよく見てると、GRD1v に見えなくもない。Optio I-10的なお遊びですね。

フィルムカメラのGR1シリーズの三代目(最終機種?)が GR1v です。GR DIGITAL IV も「最強のストリートスナップカメラ」というコンセプト通り、GR DIGITALシリーズの集大成的カメラになるかな?

しかし、店頭予想価格は8万円前後というのが何ともかんともですね。PENTAX Q が買えてしまいますよ。

GR DIGITAL はずっと欲しいと思いながら、なかなか手が出せません。やっぱり28mm単焦点で猫を撮り続けるのは厳しいと思うので。

でもGR DIGITAL IVは名前も面白いので安くなったら狙ってみようかな。

あと、海外でPowerShot S95の後継機種が発表されました。

続きを読む

画期的なカメラか、それとも色物か?

リコー、“ユニット交換式”デジタルカメラ「GXR」 – デジカメWatch
リコーは、ユニット交換式デジタルカメラ「GXR」および対応ユニット2製品を12月上旬に発売する。価格はいずれもオープンプライス。店頭予想価格はGXRが5万円前後、単焦点レンズ付きユニット「GR LENS A12 50mm F2.5 Macro」が7万円前後、ズームレンズ付きユニット「RICOH LENS S10 24-70mm F2.5-4.4 VC」が3万円前後の見込み。

今日は、以前から噂のあったリコーの新しいカメラも発表されました。

レンズ交換式ならぬ、ユニット交換式ときましたか、なんとも珍妙な(爆)。

うーん、これ売れるんですかねぇ。ユニット側にレンズも画像素子も画像処理エンジンも依存するということは、ユニット買う≒別のカメラを買うということですよね。敢えて交換式にするメリットがあるのでしょうか?

記事中に、

また、ユニットの交換が簡単に行なえることから、レンズ交換を行なうよりも操作性が高まるという。さらに、撮像素子が露出しない構造のため、レンズ交換式デジタルカメラに比べてゴミの浸入が防げるとしている。

とありますが、確かに理屈ではそうなんですが、GRD で埃の混入が散々問題になってるだけにちょっと説得力無いですねぇ。

まあ、この筐体サイズで APS-C に相当するサイズの画像素子を搭載したカメラを発表したことは素直に評価したいと思います。幅はGX200より2mm程長いだけですしね。

A12 :113.9mm(幅)×70.2mm(高さ)×77.1mm(奥行き)約423g
S10 :113.9mm(幅)×70.2mm(高さ)×44.4mm(奥行き)約325g
GX200:111.6mm(幅)×58.0mm(高さ)×25.0mm(奥行き)約208g
GRD3 :108.6mm(幅)×59.8mm(高さ)×25.5mm(奥行き)約188g

28mmではなく50mmなのが物議を醸すかもしれませんが、マニュアルフォーカスリングも付いてますし、GXR と GR LENS A12 50mm の組み合わせは結構売れるんじゃないでしょうか。

やっぱりユニット交換式という方式に疑問は残りますが、ここはリコーの新たなる挑戦を温かく見守りたいと思います。私は買わないですけどね(爆)。
むしろこれで GRD3 が値崩れしたりしたらそっちを狙うかも。

GR DIGITAL III を見てきた

会社帰りにヨドバシカメラに寄って、昨日発売された GR DIGITAL III を見てきました。

といっても、GR DIGITAL II を常用してきたわけではないので、外観の違いはあまり分からず(爆)。
既に GR DIGITAL II は展示もされてないので比較もできません。まあそんなに変わんないんでしょうけど。
大きくなった背面液晶は評判通り見やすいです。

この時点でヨドバシカメラでは在庫二個だそうです。店頭価格 79,800円でしたが、やっぱり愛好家は躊躇せず買うんでしょうね。GR DIGITAL II からよりも GR DIGITAL からの買い替えとかが多いのかな。

価格.com での最安は 70,000円。Amazon では 72,800円。ポイント還元を考えるとヨドバシと同じくらいかな。

さてさて GR DIGITAL III は概ね高評価ですね。「デジタルカメラは三代目が名機となる」という持論を持っている私も、今回の正常進化は評価しています。特に明るくなったレンズが良いですね。田中希美男氏も大絶賛。筐体サイズはほぼそのままでレンズを明るくし、ソフト周りもブラッシュアップした GR DIGITAL III はコンパクトデジカメでは名実共に最高峰の機種でしょう(SIGMA DP1/DP2 はコンパクトと呼ぶにはチトでかい)。その分お値段も最高峰。今の私ではとても手が出ません。二、三年くらい経って 今の GR DIGITAL II くらいの価格になったら購入を検討しても良いかな。

でも何回か書いてますが、28mm単焦点の GR DIGITAL は私の用途ではちょっと馴染まない。ですので GX200 の後継機が出れば GR DIGITAL III よりもそちらを選ぶでしょう。

さらに何回も書いてますが、私は GX200 を使いこなしてるとは言い難いですし、最近改めて GX200 の凄さ、面白さを感じています。望遠端 72mm は猫写ではお話にならないと思ってましたが、最近はこれはこれで良いと思えるようになりました。GR DIGITAL III を持ったって急に良い写真が撮れるようになるわけではないので、今は GX200 をもう少し使いこなしてカメラの良さを引き出してやれるにしたいです。

しかし DP2 は欲しい!(爆)。ここ最近ずっと DP2 が欲しいと書いてますが、これは画角がどうとか、筐体がデカイとか、そんなの以前に FOVEON X3 を使ってみたいという欲求です。まあこれも、FOVEON X3 のカメラを持ったからって、急に良い写真が撮れる訳じゃないですけどね。それでも一度は使ってみたいです。DP シリーズの中望遠機が出て、その価格が下がった頃には買ってしまっるかも知れません。

ということで、今日は GR DIGITAL III のカタログだけもらって帰りました。多分買うことはないと思いますが(少なくとも一年内は)。

あと、GR DIGITAL III とは全然関係ないですが、ヨドバシカメラでドラクエ9の呼び込みをやったらは何と 二十七人!。約二十分居ただけなのに、さすが梅田。同じ大阪でも勤務先とは大違いだ。あ、今日も「まさゆきの地図」もらいました。もう大阪ではそんなに珍しくないんですかね。川崎ロッカーの地図もゲットしました。

Feed Me!

Feedburner

blogram投票ボタン

Follow Me!

  • 月別アーカイブ

  • 最近のトラックバック

  • リンク