masatsu file

猫の写真を毎日アップ。iPhone,Android等デジタルガジェットの話題もあり。

masatsu file > マンガ

‘マンガ’ のタグが付いた投稿

しろくまカフェが無期限休載

作者のTwitterとか見てなかったので、いきなりのニュースに驚きました。

前にも書きましたが、私は今期のアニメではしろくまカフェがお気に入りです。

原作とはキャラの扱いや立ち位置がビミョーに違いますし(特にペンギンさん)、原作には無いオリジナルのエピソードも多いですが、見ていて楽しいアニメです。

原作とアニメの乖離については作者の納得済みだと思ってました。

漫画家のアニメに対するスタンスって色々ありますよね。アニメは別物と考えて敢えて口出ししない人とか、細かくチェックする人とか、一緒になって作っていこうとする人とか。どんなスタンスであれ、原作者の意向なのですから、制作サイド(アニメ会社?編集部?)は当然それを汲むべきだと思います。

今回の一連記事を見てる限り、編集部の人達がちょっと作者を蔑ろにし過ぎてる感じがしますね。リメイク版ヤッターマンのオープニング騒動を思い出しました。

アニメも原作も好きなだけに今回の事態は残念です。アニメは1年間の長丁場の予定でしたが、1クールで打ち切りとかにならないことを祈ってます。

第1話のシロクマくんの予告が洒落じゃなくなるかもしれませんね。

るろうに剣心連載再開ねぇ

漫画『るろうに剣心』13年ぶりに連載再開

俳優・佐藤健主演で実写映画化される和月伸宏氏の人気剣客漫画『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』が、5月発売予定の『ジャンプSQ.』6月号で13年ぶりに連載を再開させることが3日、わかった。

「るろうに剣心」の新連載が始まるそうで。

私は和月伸宏のファンなので、るろうに剣心も好きな作品です。実写映画に向けてメディアミックスでタイアップするのはアリだと思います。

ですが、連載再開するとしてどの時点での話しを描くのでしょう?人誅編の後、剣心は長年の肉体の酷使で奥義を打てなくなってきている、という設定があったような気がします。連載時に構想していたという蝦夷編を描くのでしょうか。それとも完全オリジナルストーリーになるのでしょうか。

弥彦とか剣心の息子の話を描くのも映画のタイアップとしては弱い気がします。

るろうに剣心は割と良い終わり方をしているので、間違っても原作者自ら原作ブレーカーになるような真似はやめていただきたい。
原作者自らが原作ブレーカーになるのは車田正美だけで十分です。

そして私が一番気になっているのが「エンバーミング」の扱いです。世間的な評価は別にして、私はエンバーミングも好きです。
るろうに剣心は現在エンバーミングが連載中のジャンプSQに掲載されるそうですが、その間エンバーミングはどうなるのでしょう? るろうに剣心と二本立てにするのでしょうか?「新テニスの王子様」とか1号に数本掲載される作品もありますが、和月伸宏の執筆ペースでは厳しいように思います。

エンバーミングは一旦中断してるろうに剣心を連載するのでしょうか? 好きな作品だけにあんまり中途半端な事はして欲しくないです。

まあ、連載といっても、実写映画公開までの短期集中連載の可能性もあるので、続報を待ちましょう。

少年誌復権?

このマンガがすごい! 2010」が発売されました。

オトコ編の1位はデスノートコンビの「バクマン。」ですか。結構話題になってましたが、読んだこと無いんですよね、実は。相変わらずジャンプで読んでるのは「BLEACH」と「トリコ」だけ。「めだかボックス」はコミックスは買いましたが、本誌では読まないようにしています。

そして2位に「ワンピース」。いや、そりゃ今や週刊少年ジャンプの看板マンガですが何故今更?という感じもします。今年1年は凄く盛り上がる展開だったのでしょうか? 朝日新聞やメンズノンノとの連動企画なのでしょうか?

ともかく、昨年は20位以内に少年誌の作品は「ギャンブルフィッシュ」という状況でしたから、週刊少年ジャンプのワン・ツーフィニッシュはそれなりに凄いことなんでしょうね。

一応私が予言しておいた「トリコ」は9位にランクインしていて一安心です。

オンナ編は昨年の2位に続いて「ちはやふる」が堂々1位。マンガ大賞も取ってるのでこっちはガチで面白そう。家にあるので、読もうと思えばいつでも読めるのですが(^^;。

来年はオトコ編に「めだかボックス」が「ランクインしない」と予言しておきます(爆)。

「化物語」からの西尾維新繋がりでコミックス1巻を発売1ヶ月後くらいに買おうとしたのですが、職場近くの大きな本屋には置いてない。ならば、と梅田のコミック専門店に寄ったところ、残り2冊という状況でした。「緊急入荷!」とかいうポップが立ってましたけど。2巻は発売日に前出の大きな本屋へ買いに行ったのですが、かなり減っていました。この様にコミックスが入手困難なので、さぞかし面白いのだろうと思って読みましたが、、、やや微妙(でも2巻は私好みのエピソードが多かったです)。ジャンプお得意のバトル編に突入しそうな展開ですし、ジャンプ本誌での掲載順もかなり後ですし、連載終了も近い、かな? 多分「このマンガがすごい! 2011」が出る頃には連載してないでしょうね(爆)。

続・マンガの話

今回は立ち読みの話。

前にも書きましたが、私は出勤途中にコンビニよってマンガ雑誌を立ち読みしています。
あの頃は週刊少年チャンピオンが多かったのですが、いつの間にか、週刊少年マガジンの漫画を一番沢山読んでます。四大週刊少年誌の中ではマガジンが一番嫌いだったんですけどね(^^;。これがマガジンの底力ですかね。

以下に私が読んでるマンガの一覧を記します。順番は連載開始順ではなく、私が読み始めた順です。

◎週刊少年マガジン
新約「巨人の星」花形
さよなら絶望先生
CØDE:BREAKER
弑逆契約者ファウスツ
BLOODY MONDAY
エデンの檻
はじめの一歩

そうそう「花形」がマガジンを読み始めたキッカケでした。さよなら絶望先生は前から興味あったので。BLOODY MONDAYはドラマの影響ですね。はじめの一歩は今更感が漂いますが、いま描かれている試合に惹かれただけなのでこれが終われば読むのをやめるかもしれません。何せ読む作品が多すぎて、遅刻しそうになるので(爆)。

◎週刊少年チャンピオン
ドカベン スーパースターズ編
聖闘士星矢 THE LOST CANVAS 冥王神話
ギャンブルフィッシュ
マイティ♡ハート
幻仔譚じゃのめ

私のお気に入り雑誌(笑)でしたが、マガジンに押されて二位転落。聖闘士星矢 THE LOST CANVASはもっとちゃんと読んでおけばよかった。今現在の車田正美より数倍面白いと思います。だからと言ってコミックスを買うかは微妙。

◎週刊少年ジャンプ
HUNTER×HUNTER
BLEACH
トリコ

私はバリバリの「ジャンプっ子」だったんですけどねぇ(爆)。HUNTER×HUNTERは休載の方が多いので実質二作品。BLEACHは既に長期連載の罠にハマってると思うのですが、まあまあ面白い。トリコは既に最初の勢いが無くなってる気はします。

◎週刊少年サンデー
MAJOR

MAJORはテレビを先に見ました。「花形」と同時期にたまたま読んだら野球ワールドカップ決勝戦のクライマックスでそのままずるずると。かつてサンデーは私の中ではジャンプに続く第二位だったこともあるのですが、現在は低迷。ときどき「ハヤテの如く」を読んだりするのですが、長続きはせず。

週刊誌ではないですが、ジャンプSQで「エンバーミング」を読んでます。この作品は個人的には好きなのですが、世間的にはあんまり人気なさそう。

あと、私は基本的に少年誌しか読まないのですが、例外が週刊プレイボーイ。

キン肉マン2世」と「たいようのマキバオー」を読んでます。

キン肉マン2世は既に元祖の巻数を超えてるのですが、落とし所はどんな風にするつもりなんでしょうね。まさかタッグ編終了でそのまま連載も終了にはしないでしょう。万太郎がシングルでケビンに負けっぱなしですし。でも、これ以上続けるのも正直辛い気もします。

青年誌ではスーパージャンプの「リングにかけろ!2」も読んでましたが、これは終わってしまいました。

リングにかけろ!2は最初コミックス買ってたんですよねー。でも結果的にこの作品は最低だった、と私は思います。過去のスーパーブローに科学的解釈をつけたり自分で自分の過去の作品の良さをそいでるような感じがしました。結局、前世代の「黄金のジュニア」の幕引きをこの作品を借りて行っただけだったように思います。唯一評価できるのは河合響の命を賭けた勝利です。前作では死んだと思わせて実は生きてるのが常套でしたからね(^^;。

ということで、遅刻しそうになるくらい立ち読みしてるわけですが(汗)立ち読み自体があまり良くない行為なのでちょっと自粛するなり、マガジンくらいは買うようにしようかと考えてはいますが、変わらないだろうな~(爆)。

マンガの話

SHINOの日記にもありましたが、聖☆おにいさんを購入しました。

もちろん「このマンガがすごい! 2009 」の影響です。

私は、こういうランキングに自分の読んでる本が入ってると嬉しい人なのですが、逆に知らない本が上位に入っていても「へ~」てな感じであまり興味を示さない人でした。

聖☆おにいさんもランキングをニュースで見たときは存在すら知らなくて、全然興味がわかなかったのですが、設定を知ったのと、圧倒的な得票での1位ということで買ってみることにしました。

結果、まあ面白かったですね(爆)。あそこまで圧倒的1位になるほど面白いかは別にして、非日常な存在の日常が巧く書かれてると思いました。
ただあまり長く続けると飽きられそうなので引き際を誤らないで欲しいですね(爆)。

今回のランキングで STUDIO twoG が所有している本は、

聖☆おにいさん(新)
きのう何食べた?
よつばと!
ファンタジウム

駅から5分(新・未読)
ちはやふる(新・未読)
君に届け(未読)
町でうわさの天狗の子
夏目友人帳

です。(新)は今回購入したもの。(未読)は私は読んでないもの。

あと11位以下で

大奥
GAMBLE FISH

が入ってます。このGAMBLE FISHが意外。今回男性ランキングで20位以内に入った唯一の少年誌掲載の作品ということです。掲載誌は週刊少年チャンピオンで(この時点で既にマイナーですが)私は1巻からコミックスを買ってます。

普通ならランクインして嬉しいところなのですが、この作品に関しては、繰り返しますが、ちょっと意外。そこまで面白いかな?、ってのが正直な所(爆)。「なら何で買ってんだよ」と突っ込まれそうですが、最初は面白いと思ったんですよ、もちろん。でも最近は惰性で買ってるかなと、と(汗)。こういう作品がランクインする辺り、偏ってる感は否めません。まあそもそも普遍的なランキングなんて難しいでしょうけど。

それも踏まえて、来年の男性ランキングの20位以内に「トリコ」がランクインすると予言しておきましょう。

ちなみに、SHINOとこの話をしていて「蔵書の中から1作品だけ選ぶとしたら」という話題になって、SHINOはダントツで「よつばと!」だそうです。ちょっと迷って私が選んだのは「夢幻紳士」です(怪奇編も含む)。万人には勧められませんが、やはり私の中ではこの作品が総合1位ですね。

皆さんもゆずれない自分だけの総合1位の作品ってありますよね、ランキングなんか関係無しに。

冥王計画ゼオライマー

今更ながら、冥王計画ゼオライマー完全版を買いました。

私がゼオライマーの存在を知ったのは OVA版の方が先です。
「天のゼオライマー」とか「風のランスター」とか「八卦」の称号を冠する八卦ロボ、そしてそれらを操る八卦衆の設定が好きでした。
ただ、作品自体を見た覚えがあまりありません。第一話は確実に見た記憶があるのですが……。当時なら「アニメ大好き!」で見たのかしらん。

で、原作の存在を知ったのはモデルグラフィックスだかホビージャパンで原作版ゼオライマーのガレージキットが紹介されていたときでした。
ただ、だかといってすぐに原作を買おうと思ったわけではありません。この時点ではその存在がインプットされただけでした。

実際に入手するのは、そのもう少し後、今からだと十六、七年前の事だと思います。本屋でたまたま久保書店のゼオライマーを見かけたので買ってみました。

そして、買って驚き。八卦ロボや八卦衆なんかは登場せず、OVA版とはかなり設定が違うのには、まあ確かに驚きでしたが、たいしたことはありません。
私が一番驚いたのは、原作のゼオライマーは実はエロマンガだった、ということです(爆)
いや~、SFロボットマンガだと思って買ったら、エロマンガだったときの衝撃たるや(笑)。

原作版のゼオライマーをご存知の方は「あの程度ではエロマンガと言えない」と仰るかもしれません。確かにそーいうシーン自体は全体の割合からすれば多いとは言えませんが、その内容はワイセツというかなんというか少年漫画に裸が出てくるのとは明らかに違うでしょう。

ということで、OVA版以上のインパクトを残した原作版ゼオライマーですが、単行本ではゼオライマーが敵の本拠地へ向けて出撃したところで終わっています。

今回、二十数年振りにこの続きが書かれて完全版の登場と相成ったわけです。

完全版が書かれた経緯はよく知りません。ゼオライマー自体は、最近はスーパーロボット大戦シリーズに登場して知名度が上がってるようですが、私はスーパーロボット大戦シリーズをプレイしたことが無いのでよく分かりません。復刊した「リュウ」に連載されたらしいですが、リュウとゼオライマーのつながりもよく分かりません。

完全版が出たのも去年の終わり頃(十一月位?)でしたか、道原版銀河英雄伝説の続刊が発売されたときに知りました。その時はあまり食指が動きませんでした。過度な期待は禁物、という警戒心があったのでしょう。

そのまま暫く気にも留めずに時が流れましたが、先日ばったり本屋で見かけたのです。完全版を。
このときも大分迷ったのですが、裏表紙の「大量の加筆修正を加え」に唆されて結局買ってしまいました。

肝心の終わり方ですが……ま、まあ、良かったんじゃないですかね。ちゃんと終わったということで(汗)。
OVAやゲームしか知らない人は敢えて買う必要はないと思いますが、私と同じように未完の原作を読んだことのある方ならまあ、買って損はないでしょう。

ところで、ゼオライマーの作者「ちみもりを」氏が、強殖装甲ガイバーの「高屋良樹」氏と同一人物だというのは、私は二年位前に知ったのですが、結構メジャーな話なんでしょうか? 確かにゼオライマーと初期の頃のガイバーの作風が似ていると思ったことはありましたが、まさか同一人物だとは思ってませんでした。なんせエロですしね(爆)。

そういえば、OVA版ゼオライマーのキャラクターデザインをしている「菊池通隆」氏と漫画家の「麻宮騎亜」氏が同一人物だと知ったのも二年位前でした。こちらは絵柄が似てるので、絶対同一人物だよ、と思いながら確証の無い状態が続いてました。

高屋良樹氏にはゼオライマーに続いてガイバーも是非ちゃんと完結させていただきたい。こちらはもう少しかかるでしょうけど。

1 / 41234
Feed Me!

Feedburner

blogram投票ボタン

Follow Me!

  • 月別アーカイブ

  • 最近のトラックバック

  • リンク