Xperia SX を.103にアップデートしたときに POBox Touch の 6.2 をインストールしていましたが、結局6.1に戻しました。

POBox Touchは入力モード毎にソフトウェアキーボードを保持できます。私は、縦画面のときは、日本語入力モードでは携帯電話キーボードに、英数字入力モードではフルキーボードにしていました。QWERTYキーボードだと数字キーが無いのでパスワードの入力なんかの時にちょっと煩わしいのです。

しかし、POBox Touch 6.2 になってフルキーボードの配列が珍妙無類になってしまったので、QWERTYキーボードに数字キーをプラスして使っていましたが、記号が少なくどうにも使い勝手が悪かったので 6.1 に戻すことにしました。


POBox on Xperia SX POBox on Xperia SX

左が POBox Touch 6.2 のフルキーボード。数字、記号が含まれるものの、アルファベットキーの並びが……。誰得?って感じなんですけど。
左が POBox Touch 6.2 のQWERTYキーボード。6.2から数字キーを表示できるようになりましたが、いかんせん記号が少ないです。


POBox on Xperia SX

これが POBox Touch 6.1 のフルキーボード。QWERTYキーボードに数字、記号が加わって非常に使い勝手が良いです。

POBoxと私は意外と長い付き合いで、ソニエリ製の携帯電話はもちろん、PalmやPocketPC、Android でも IS01 や GALAXY S IIにインストールして使っていました。POBox Touchはかなりの進化を遂げて非常に使いやすくなっていますが、今回の6.2での変更点にはちょっと疑問符がつきます。私が使った6.2が正式版でないだけ実はちゃんと使えるのかもしれませんけど。

私は12月にはソフトバンクにMNPしてiPhone 5sに機種変する予定ですが、POBoxが使えない、というのは結構頭を悩ませてる問題だったりします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください