昨日、WALKMAN 雑音問題に関するエントリを書いた後、寝る前に2chを見たらビッグなサプライズ。154さんが、SXに対応したCPUガバナのモジュールを公開してくださいました! さらに、I-Oスケジューラのモジュールまで公開してくださいました。いつもいつもありがとうございます。

今日は休日出勤の代休なので、早速朝からインストールしてみました。

GX版公開の際には手動組み込みを推奨されていましたが、その後のフィードバックで不具合も無いとの事だったので、02loadmodulesに以下の記述を追加して、起動時に組み込むようにしました(いや、SX版には不具合あるかもしれないけれど(汗))。

[php]
insmod /system/lib/modules/sio-iosched.ko
insmod /system/lib/modules/vr-iosched.ko
insmod /system/lib/modules/cpufreq_smartass2.ko
insmod /system/lib/modules/cpufreq_brazilianwax.ko
insmod /system/lib/modules/cpufreq_conservative.ko
insmod /system/lib/modules/cpufreq_intellidemand.ko
insmod /system/lib/modules/cpufreq_lionheart.ko
insmod /system/lib/modules/cpufreq_savagedzen.ko
[/php]

再起動後、SetCPUで見ると確かに追加されています。


SetCPU on Xperia SX SetCPU on Xperia SX

GALAXY S IIでも使っていた、SmartassV2とsioの組み合わせにしてみました。


SetCPU on Xperia SX SetCPU on Xperia SX

SmartassV2だと必要ないかもしれませんが、スクリーンOFF時はconservativeにしています。

CPU Spy で見るとmsm-dcvsの頃より、小刻みに周波数が変わっているので、適用はされていると思います。バッテリの減り具合が何か激しいような気もするのですが(汗)、しばらくこの状態で試してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください