PENTAX MX-1

ペンタックス、クラシックなデザインの1/1.7型センサーコンパクト「MX-1」を海外発表

クラシックなデザインを採用したレンズ一体型モデルで、シルバーとブラックの2色を用意する。上面にはモードダイヤルのほか、露出補正ダイヤルを装備した。ストラップの2点吊りも可能。上下カバーには真鍮を採用、各色にペイントしている。液晶モニターは約92万ドットの3型で、上下可動式となっている。

これは私にとってはどストライクなカメラが発表されました。時期はいつになるか判りませんが、この機種、もしくは後継機を必ず買う、と宣言します(良いのか?そんなこと書いて)。

ちょっとサイズは大きめですが、クラシカルな外見ですし、チルト液晶も付いてますし、何よりペンタックスですし。高級コンパクトの中では私の中で最良の選択肢と言えるでしょう。

画質は……、作例を見てないのでなんとも言えませんが、RX100やXF1と比べて見劣りしたとしても、私基準をクリアしていたら良しとします。

Optio 750Zを使っていた身としてはカラーはシルバーがいいなぁ。ブランドはペンタックスですが、背面の操作ボタンとかダイヤルは何だかリコーのテイストを感じます。合併効果でしょうか。GRDとかのノウハウも活かされてたりするとより良いカメラになりそうな予感。

ペンタックスなので早めに値段が下がることを期待してます(失礼?)

もう1つ、DP3 Merrillも発表されました。

DPシリーズは1回手にしてみたいと思っていたのですが、28mmや45mmでは猫写にはキツイと思ってました。75mmなら何とか猫写にも使えそうです(汎用性を考えるなら45mmくらいが妥当なんでしょうけどね)。

ただDPシリーズはMerrillになってよりゴッツくなってしまいましたしね。お値段もいい値するので、こちらはやっぱり買えそうにないです。みんぽすさんが貸し出ししてくれるのに期待しましょう。

Related Posts with Thumbnails