12月18日に、Xperia SX のアップデートが開始されました。

rootを取った端末で今回のアップデートを適用してしまうと、rootが失われるばかりか、従来のワンクリックの方法ではrootが取れない、ということだったので、少し様子を見ていました。

しかし、すぐさまrootを維持しつつアップデートを行う方法が公開されたので、私もやってみました。

いつもながら、先人の方々には感謝です。

Flashtoolとか使うのは初めてでしたので、ちょっとドキドキしましたが、作業自体は何とか無事に終了しました。

あとは、CWMを入れたり、フォントを変えたりしました。SX用にはスクロークキャッシュ無効化&メディア音量30段階化のCWM用ZIPが公開されているので、それも適用。SystemUIも5ボタン対応のものに変更(ソフトキーは使わないけど)。スモールアプリ関係はまだダメっぽいので様子見(というか、アップデート前にも入れてなかった※後述)。う~ん、スモールアプリ関連がダメならSystemUIもダメだったのかもしれないけど、取り敢えず見た目上は普通に動いてます。あとはPhonebookを置き換えたり、モバイルブラビアエンジン2を入れたり、AX用のWALKMANやアルバム、ムービーを入れたりして、大体普段使いには戻りました。残ってるのは、一旦アンインストールしてしまっていたプリインアプリの削除くらいですかね。

rootを維持しつつのアップデートに関しては大きな問題も無く終了したのですが、先日からハマっているWALKMAN関連について書き足しておきます。

あれは12月9日の日曜日のことです。前述の通り、私はスモールアプリ関連は全然導入していなかったのですが、そろそろSXへの対応も大分まとまって来たので、導入してみることにしました。

ちょっと不安なのでCWMでバックアップを撮ってから作業するつもりだったのですが、その前に、モバイルブラビアエンジン2とXDAで公開されている、ClearAudio+に対応してるWALKMANをインストールして、それからバックアップをして、スモールアプリ関連の導入に挑戦しようと思いました。両方CWM用のZIP形式で公開されているので甘く見ていたんですね。

モバイルブラビアエンジン2は問題無くインストールできたのですが、WALKMANをインストールした時点で、起動ロゴループになってしまいましたorz。
最後に取ったバックアップが11月3日付けだったので、約1ヶ月戻ってしまうことになりました。幸いあまり派手なことはしてなかったので、実害は少なかったですけど、何せ宇都宮出張の前の日だったのでかなり焦りましたよ(汗)。

ということで、今回のアップデート関連の作業の際は小刻みにバックアップを撮りながらやりましたよw 結局WALKMANはXDAに公開されているZIPをばらしたりして色々やってみましたが、ClearAudio+対応にはなってくれないので(もちろんbuild.propには有効化の一行を追加しています)AX用のを上書きインストールして使っています。もう自力では諦めました。また先人の方が誰でもできる手順を公開してくださるのも待ちます。

スモールアプリに関しては、SXでは正直GX程有効には使えないと思うので、じっくり待ちます。それよりも、電源オプションで再起動とかスクリーンショットとかを追加したいのですが、そのへんも所謂154MODに含まれるんですよね? そっちの方が欲しいです。ZIPをバラして単体で導入してみようかな、もちろんバックアップを取った後にw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください