Canon PowerShot S95

修理から還ってきたPowerShot S95に黒檀のグリップを取り付けました。

オークションで入手した物です。上の写真はグリップ取り付け前です。


Canon PowerShot S95 Canon PowerShot S95 vs RICOH GX200

PowerShot S95はGX200と比べてコンパクトでスリムですが、筐体がフラットでしっかり握るのが難しいです。落っことした遠因もフラットな筐体のせいです。

そこでグリップの装着を検討しました。PowerShot S95のグリップと言えば、リチャード・フラニエック氏のカスタムグリップハクバのグリップが思い浮かびますが、ここはオリジナリティを重視して、オークションで見つけた黒檀製のグリップを選びました。

Canon PowerShot S95

デザインはGRタイプのものにしました。


Canon PowerShot S95 Canon PowerShot S95

出品者の方には「GRタイプよりオリジナルタイプの方が滑り止め効果が高いですよ」とアドバイスをいただきましたが、GX200で馴染んでいるのでGRタイプにしました。オリジナルタイプのグリップは樹脂製のものをおまけで付けてもらいました。

Canon PowerShot S95

実際に取り付けたところ。これが届くのを待っていたので、PowerShot S95の現場復帰が遅れたという側面もあります。


Canon PowerShot S95 Canon PowerShot S95

グリップの高さはレンズ基部と同じくらいなので、そんなに邪魔にはなりません。一体感ではリチャード・フラニエック氏のグリップにかないませんが、木製グリップもカスタムメイド感が漂っていてなかなか良いでしょ?

見た目だけでなく、格段に握りやすくなりましたよ。これで落とす心配も無くなったのでガシガシ使い倒せます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください