ほにゃららOSXをインストールしたまま、結局放置してしまった(汗)EeePC 901ですが、10.6.6へのアップデータが公開されたので、久し振りにいじってみることにしました。Mac版 AppStoreを使ってみたかったんですね。

アップグレードする前の状態は、OSバージョンは10.6.2でNetBookInstallerは0.8.3でした。

まず慣例に従って、ソフトウェアアップグレードは使わず、Mac OS X v10.6.6 統合アップデートをダウンロードして実行します。

再起動を求められますが、すぐに再起動せずにNetBookInstallerを起動ディスクに上書きインストールします。この時点で最新のNetBookInstallerはNetbookInstaller 0.8.5preでしたが、パッケージの中にキーボード配列を変更するkextを入れるフォルダがなくなっていたので、とむむの日々○○さんで紹介されていた、NetbookInstaller 20100616212351を使わせてもらうことにしました。

作業はこれだけ。これで無事に10.6.6で起動しましたし、AppStoreも使えました。キーボードもJIS配列で『¥』を押してもボリュームになったりしません。音もちゃんと鳴りました。拍子抜けするほどあっさりアップグレード出来たのですが、やはりというか何というか落とし穴がありました。

ほぼ全てが上手くいっているようでしたが、スリープからの復帰ができませんでした。10.6.3以降では頻出の問題のようです。こちらもとむむの日々○○さんで紹介されていた、UpdateExtra.appを使う方法を試してみたのですが、起動する度に再起動を求められるようになってしまいました(T_T)。この後、インストール用に作成した外付けハードディスクからNetBookInstallerを起動して上書きインストールすれば治ったのかもしれないのですが、この外付けハードディスクのNetBookInstallerが0.8.3のままだったせいか、余計に酷くなってしまいました(T_T)。

ということで、EeePCは現在まともに起動しない状態です。元々、インストール先ドライブをロング側の16GBからショート側の32GBに変えようかと思っていたので、再インストールする良い機会かもしれません。

更に言えば、野暮用で持ち運び可能なWindowsマシンが一時的に必要になりそうなので、一旦WindowsXPに戻すのもアリかな、と思っています。重さ的にはX200sとEeePC901は大差無いのですが、やっぱり面積が違いますからね。

そのうちほにゃららOSXのライオンさんも出るでしょうし、ちょっと様子を見るかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください