au、冬~春登場の新モデルを発表 – ケータイ Watch

スマートフォンとして新たに3機種が発表され、いずれもAndroid端末となっている。ラインナップは、富士通東芝モバイルコミュニケーションズ製の「REGZA Phone IS04」、シャープ製の「IS05」、Pantech製の「SIRIUSα IS06」の3機種。これに発表済みのシャープ製「IS03」を加えて、合計4機種を新しいスマートフォンとしてラインナップする。IS04、IS05はワンセグやおサイフケータイなど、KDDIの基本的なサービスにも対応する。

一日出遅れましたが、昨日auの新モデル発表会がありました。職場でUstreamは見てましたけど(音無しで)。

既報のIS03に続き、IS04,IS05,IS06を発表。全てAndroid端末です。

事前にリーク情報はあったようですが、全部Android端末なのは仕方ないとして(今更WindowsMobileに期待できないし、WindowsPhoneは微妙そうだし)、全部タッチ型なのがちょっと寂しい。IS01のようなクラムシェルはともかく、スライドキーボードも無いとは。やっぱりキーボード付きは流行らないんですかね。時代の趨勢で無いのは間違いないでしょうけど。
でも、四機種もタッチ型なのはどうなんでしょう。「IS03も気になるけど、IS05の方が小さくて良さそう」とか買い控えられているうちに、iPhone4.5とか出て潜在ユーザを盗られたりして。まあ、IS03やIS05に興味を持つ人はiPhoneには転ばないでしょうけどね。

個人的にauが今迄弱いと言われ続けたスマートフォン分野に力を入れるのは歓迎すべきだと思いますが、なんか「下手な鉄砲数打ちゃ当たる」的な乱発はどうなんでしょう。au Skypeの動向も含めてauの思惑通りに進むかな?

しかし、今回一番残念だったのは、

IS01のOSアップデートに関する発表が無かったことですorz

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください