原題:
89.”HAPPY TOGETHER”

放映日:
1989/11/27

ダイジェスト
ALF, on the outs with the Tanners, is offered a place to stay by Neal.

 

あらすじ
タナー家にマンションの訪問販売の営業マンが来ました。景品目当てにアルフが呼んだのです。他にも核シェルターとか色々な景品付きの訪問販売を呼んでいました。ウィリーに叱られるアルフでしたが、売り言葉に買い言葉で家を飛び出してしまいました。

ウィリー、そしてアルフ自身も「庭先程度の家出」と高を括っていましたが、大見得を切ったアルフはタナー家には戻らずにニールのアパートに転がり込みました。

ウィリーはアルフを連れ戻しに来ましたが、ニールの提案でアルフはしばらくニールと暮らすことになりました。しかし、アルフとの生活はニールの想像を遥かに超えていました。部屋はぐちゃぐちゃ、頼み事は忘れる、大家さんには叱られ、ついには警察までやってきました。

耐え切れなくなったニールはタナー家に避難します。そしてウィリーに促されてアルフにきっぱりと出て行って欲しいと伝えるのでした。

雑感
久々にアルフ大暴れの回。劇中でも「破目を外しすぎた」とアルフ自身が言ってますが、なかなかの暴れっぷりでしたw ニールさん、ご愁傷様です。やっぱりアルフを御し得るのはウィリーだけなんですかね。最後にアルフが「我が家」と言いますが、もはやタナー家はアルフにとっての我が家なんですね。

今回の名言
「おお神様、ありがと。私は遂に、自由です」[アルフ](タナー家を出て歓喜の一言)
「神様ありがとう。私も遂に自由です」[ウィリー](アルフがしばらくニールのアパートで暮らすことになって歓喜の一言)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください