原題:
79.”BABY COME BACK”

放映日:
1989/09/18

ダイジェスト
ALF earns the right to baby-sit Eric, but almost blows it when the child disappears.
 

あらすじ
エリックが生まれた後も仕事を続けたいケイトはベビーシッターを募集しますが、なかなか良い人が来てくれません。時給につられて(?)アルフも立候補します。ぐずるエリックを泣き止ませたりミルクの後にげっぷを出させたりアピールするも、過去の所業のせいでなかなか信用してもらえません。

ある日、ケイトに急な仕事の電話が入りました。大口の仕事で今すぐに出なければなりません。しかしリンもブライアンも居ない、オクモニック夫妻も旅行中、仕方なくケイトはアルフにエリックの子守を任せて仕事へ行きました。

アルフはエリックのおむつを替えてやったりきちんと役目を果たしていましたが、ウンチおむつを裏庭に埋めに行っている間に、リンとブライアンが帰ってきました。ケイトからエリックを連れて行くよう頼まれたのです。リンはブライアンにアルフに伝言するように言いつけましたが、ブライアンの声は裏庭のアルフに届いていませんでした。

戻って来たアルフはエリックが消えているので大慌て。警察にも電話しますが相手にしてもらえません。そうこうしているうちにウィリーが帰ってきました。事情を知らされていないウィリーはアルフと二人でエリックを探します。家中探しますが見つかりません。いよいよウィリーが警察に届け出ようとしたときにケイトが帰ってきて真相をしりました。

何も知らせてもらえなかったアルフはもう少し自分を信用して欲しいと言い、ケイトももう一度アルフに子守を任せるのでした。しかしエリックに絵本を読んであげながらアルフは寝てしまいます。ベビーベッドのエリックとアルフを微笑ましく見守りながら、ウィリーとケイトはいつかアルフと一緒に出かけられる日を思い浮かべながらエリックを着替えに連れて行きました。目を覚ましたアルフはまたもエリックが消えてしまったと大騒ぎするのでした。

雑感
第4シーズンのスタートです。前にもちょっと書きましたが、4月以降におそらく再放送されるでしょうから、この全話リストはネタバレ以外の何者でもありません(爆)。放映を楽しみに待ちたい方は読まないことをオススメします。
今回珍しくアルフは悪さをしませんでした。ウィリーには泣き止ませられなかったエリックを泣き止ませますし、ケイトが出来なかった食後のげっぷもアルフが出させました。子守も何とかこなしていました。エリックが消えた事を隠そうとはしましたけどね。
第3シーズンの1話と比べるとあまりパワーを感じませんでしたが、ウィリーとケイトの最後の台詞がとても印象的でした。

今回の名言
「金に関係なく子守してたのに、ハナっから一人前扱いしないで俺の心を傷つけた。重大な情報さえしっかり与えない。あんまりじゃないか」[アルフ](エリックの子守を任されたのに、エリックを連れて行く事を知らずに大慌てしたことに対する恨み言)
「いつかアルフも一緒に出かけられる日が来るかな。堂々と、逃げ隠れせずに」「来るといいわ。いつか出かけられる日が」[ウィリーとケイト](エリックのベッドで無邪気に眠るアルフを見ながら)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください