米アップル、タブレット型端末「iPad」発表 – ケータイ Watch

米アップルは、9.7インチのディスプレイを搭載し、電子書籍閲覧アプリ「iBooks」やiPhone用アプリを利用できるタブレット型端末「iPad」を発表した。Wi-Fi(無線LAN)版とWi-Fi+3G版が用意され、Wi-Fi版は全世界で3月下旬に、Wi-Fi+3G版は米国と一部の国で4月に発売される予定。

噂の”iSlate”が発表されました。正式名称は iPad。iPhoneとMacBookのスキマを埋める存在とのこと。

TwitterではiPod touch LLとか凄く多機能なフォトフレームとかアップル版Kindleとか呼ばれていますが、個人的にはもう少しパソコン寄りなのかと思ってました。iPhone OS採用というのはメリット/デメリット色々あるでしょうけど、今の所、購入意欲の面では私にはマイナスに働いてるかな。

[tegaki]だったらiPhoneでいいじゃん[/tegaki]

みたいな感じで。大きさにもメリット/デメリットがありますしね。

オプションでキーボード付きのドックとか発表されていますが、あれは可能性が拡がってなかなか良い感じです。日本ならテレビチューナー付きのドックとか出そうですよね。

いずれにせよ今すぐは買えないので、三代目辺りで熟成されるのを待ちます。Newton OS採用とかだったら色んな物を手放してでも買ってたかもしれないけど(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください