今 912SH では色々なことをしています。テレビを見て録画して写真を撮ってポッドキャストや音楽を聞いてYouTubeやニコニコ動画の動画を変換して見てゲームで遊んでパソコンと予定表や連絡先をシンクロして待ち受けやメニューをカスタマイズしておサイフ代わりに使ってネットに繋いで、と私にとっては欠かせないツールになっています。今まで使ってきたスマートフォンのどれよりも活用していると思います。

これだけ色々なことができる 912SH はスマートフォンとは呼べないでしょうか。

スマートフォンの定義は色々ありますが、パソコンとPIMデータをシンクロできて、動画や音楽のマルチメディアファイル、ワードやエクセルといったビジネス文書を利用できる 912SH は機能的にスマートフォンと比べて遜色ないと思います。

しかし、汎用 OS ではなく、アプリケーションの追加やカスタマイズのできない 912SH はやはりスマートフォンとは呼べないでしょう。

日本の携帯電話は、メガピクセルカメラ、メディアプレイヤー、ドキュメントビューワ、電子辞書、ワンセグ、おさいふケータイ、GPSと非常に多くの機能を備えています。Zガンダム的表現を使うならば「恐竜的進化」を遂げていると言えるでしょう。

一方でキャリアの呪縛にとらわれ、自由度が低いのも厳然たる事実です。

多機能でありながらスマートフォンとは呼べない日本の携帯電話に、僭越ながら名前を付けました。
メタボリックフォン、略してメタボフォンです。

機能的にはスマートフォンを凌駕するほど肥大化しておきながら、キャリアの枠から飛び出せずどこかスマートでない日本の携帯電話にはぴったりのネーミングではないでしょうか(自画自賛)。

この命名をもって、912SH を使いこなそう!の最終回といたします。

最終回といっても、今後全く 912SH の話題を出さないという訳ではないので、気づいたことがあればドンドン書いていこうと思います。

Related Posts with Thumbnails