先月購入した携帯電話、912SH。私にとっては久し振りの「普通」の電話。

ただし、今の日本の普通の携帯電話にはあれやらこれやら色々な機能が付いてくる。それらを如何にして使いこなすか、活用していくかを綴っていきたいと思います。

本当は音楽再生編とかよく使う機能から行きたかったのですが、今日、たまたま初めてワンセグを有効に使ったのでワンセグから書くことにしました。

ちなみに、今日初めて有効に使ったというのは、帰りの電車のなかで、内藤大助 vs 亀田大毅のタイトルマッチを見たことでした。「この番組が見たい」と思ってワンセグを使ったのは初めてです。

前述の通り、購入以来、ワンセグ機能はほとんど使ってません。自宅や電車の中で映るのかどうかを試したくらいです。
自宅はマンションのせいか、映りはイマイチですね。途中で固まったり所々画像が乱れたりします。
電車の中はまあまあ映りますが、電車の中でテレビを見るのも意外と疲れるものですね。

そんな感じで、映りがイマイチな上に、電車に乗ってる時間帯のテレビにあまり見たいのが無いこともあって、ワンセグが売りの AQUOS ケータイなのに、ワンセグの活躍機会は皆無といっても過言ではない状況です。

一応購入当初には、録画機能を使って、長らく見ていない地上波のプロレス(新日やノア)を録っておいて通勤途中に見る、というのを考えていたのですが、あの映りではちゃんと見られる画質で録画されるのか非常に不安なので実行には移していません。

今日みたいなケースが現状でほとんど唯一の活躍機会でしょうね。この後だとプロ野球のクライマックスシリーズとか日本シリーズの視聴なんかでは出番があるかもしれません。

今日、驚いたのが、電車の中でマナーモードで見てるとちゃんと実況が字幕で出る点ですね。イヤホンをつけると字幕は消えます。さすがデジタル放送。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください