FinePix F10 購入

とうとうというか、なんというか FinePix F10 を買ってしまいました。

既に発売から一年近くが経過していますが、事実上、2005年の最優秀コンパクトデジカメでしょう。
ハードやソフトによる補正ではなく、高感度でシャッタースピードを稼ぐことで、手振れや被写体振れを防ぎ、尚且つ、高感度でも実用に耐える画質を実現したカメラです。
F10の発売以降「高感度」が一つのキーワードとなり、多くのメーカーから高感度を謳うデジカメが発売されました。

私も LX1 購入の際には候補の一つに挙げましたが、メディアが xDピクチャーカードである点、画角が平凡な点等々で、選からは漏れました。

今回、LX1 の破損というアクシデントがありましたが、実はその少し前に F10 の購入を考えたことがありました。
転職して朝家を出る時間が早くなりましたが、この季節、七時頃だと薄暗くて LX1 ではシャッタースピードが足りないことが多かったのです。かといって、LX1 はあまり ISO を上げるとノイズが目立ってくるので400まで上げて撮ることはありませんでした。
その時、ふと「これが F10 ならどうなんだろう?」と思ったのです。高感度撮影が可能な F10 こそが、冬の早朝猫写に最も適したカメラではないか、と考えたのです。
しかし、LX1 を買ってそんなに経ってないこと、LX1 の16:9ワイド広角は他には無い魅力であること、xDピクチャーカードであること、高感度のカメラに替えてもそもそも猫自体が居ない(T_T)こと等の理由でこの考えは直ぐに消えました。
私の性格上、さらに財政上の理由から「買い足し」はあり得ないので、必然的に「買い替え」になるのですが、LX1 をリプレースしてまで手に入れようという程の物欲ではありませんでした。

そんなときにこのアクシデント。LX1 は奇跡的にレンズ部分の破損は免れたものの、AFの精度が怪しくなるときがあり、継続利用は困難、と無理矢理(汗)結論付けました。

購入に際して、F10 と後継機の F11 という選択肢があったのですが、ここはあまり迷わず F10 にしました。デジタル製品は少しでも新しい方が何かと良いのは分かっているのですが、ここは価格優先で決めました。
あと、F11 で付加されたシャッタースピード優先や絞り優先の露出制御もあっても使わないかな、と(^^;。このカメラは上級者層にも受けが良いですが、基本的にはISO感度も含めて全部カメラ任せに撮って綺麗に撮れる初級者向けカメラだと思ってます。

何も考えずカメラ任せに撮る、というスタンスは「今日の猫」の初期の頃に戻った感じですね。最近 W-ZERO3 を買って PDA 系に傾いているので、カメラに対する想いが薄れてるのかもしれません。

作例等は夜にでも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください