田中希美男氏の7月31日の”Photo of the Day”によるとリコーの”名機”GR1のデジタル版は、秋に発売されるのが確実だそうです。

昨年のフォトキナでGR1デジタルの開発が発表されたとき、私は銀塩のGR1を持っていて、デジタルカメラも一眼レフを志向していた頃なので、注目しつつも手にしないカメラだろうなと思っていました。その思いは今も変わりません(爆)。

この記事ではCCDとレンズについて言及されています。
・CCDは一眼レフに使われるAPS-Cやフォーサーズではなく常識的なサイズらしい
・レンズは素晴らしい性能の単焦点らしい

この二点だけ見るとちょっと中途半端な感じは否めないですね~。CCDは筐体サイズを考えればあまり大きなものは採用できない(コンパクトじゃないGR1なんてGR1じゃない)というのは分かるのですが、GR1の名を冠する以上他のコンパクトデジカメと同レベルでは少し寂しい気もします。

レンズについては単焦点になるのは個人的には英断と評価したいですが、市場ニーズに合うかどうか。このままだとマニア向けのカメラで決して売れ筋にはならない予感がします(今のデジカメ市場ではリコー自体がマニア向けかもませんが)。

それでも、前日の記事によるとコニカミノルタの独自技術(CCDシフト方式手振れ補正?)に対抗するような機能も搭載されているようで、秋のデジタルカメラでは注目度No.1だそうです。私も注目して待ちましょう。

小型コンパクトで、単焦点の高性能レンズ搭載カメラといえばIXY DIGITAL Lが思い出されます。このカメラは結構評判良かったと記憶していますが、少なくともこれ以上のカメラは作ってくれますよね?、リコーさん。

さてさて、*ist DS購入の際に売却してしまったGR1ですが、今は少しだけ後悔しています(あの状況では選択肢は無かったのですが)。何年か後、また縁があれば買い直したいカメラです。

2 thoughts on “GR1デジタルは秋発売”

  1. 私もなんとなく「どうなんだろ?」って気がしてきました。(^^;
    GR1vそのままの操作性で、デジタルになってくれるなら…とは思いますが、どこまでやってくれるんでしょうねぇ。
    期待はしてるんですが、たいていの新製品は期待を見事に裏切ってくれますので、いかなリコーさんとはいえ、どうなんだろ?…と。
    とにかく秋までのんび〜りと待ちます。出ても買うだけの資金は用意できませんし。ヽ(´ー`)ノ

  2. コンパクトさについては既存のデジカメと勝負するのも意味が無いので、銀塩GR1がほんのちょっと分厚くなったくらいをキープしてくれれば十分でしょう。

    あとは値段ですか。単焦点でGX8より値段が高かったら普通のユーザはスルーしますよね。
    ただ、GR1vも新品で十万円近くしますから、欲しい人はそれくらいでも買うのでしょうか。
    GR1と同じマグネシウムダイカストボディ採用、デジタル用に新開発した28mmF2.0のGRレンズ、CCDは外販の噂があったフジの1/1.7型ハニカムで、専用ワイコンを付けて実売価格74,800円。これを超えると今だと一眼レフが買えますからね(^^;。
    逆にソニーのQUALIAみたいに超豪華一点主義に走りますか(爆)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください