注文していた Optio S5i が、土曜日に届きました。

箱

*ist DS はカメラとしては非常に気に入って使っていますが、どこにでも持っていけるわけではありません。DMC-FZ2 も *ist DS に比べればコンパクトですが、ポケットに忍ばせておける大きさではありません。

今年に入って何回か「ああ、今カメラを持っていれば」という状況がありました。その度にポケットに入れられるカメラが欲しいという思いが強くなりました。

最初は Cyber-shot L1 も検討してたのですが、PENTAX PEOPLE の総帥である、敦仔さんの Optio X の写真と”オールペン”という言葉に惹かれて、私も Optio X が欲しくなりました。

Optio X はレンズ部分と液晶部分が独立して回転する”フリースタイル”が大きな特徴です。液晶が回転すれば低い位置の写真が撮りやすく、猫写に向いてそうです。またペットモードなんてのもあります。しかし、その機構故に咄嗟の操作に手間取りそうな点(実際にどうかは分かりません)、値段が少し高い点(これが一番大きい)等を踏まえて、今回は携帯性にこだわり、ターゲットを Optio S シリーズに絞ることにしました。

Optio S シリーズの最新機種は S5i ですが、このサイズのカメラに 500万画素は必要と思えなかったので、一つ前の S4i が安く入手できないかと探していました。ですが、調べていると実売価格に大きな差がないこと、S5i では S4i の問題点が幾つか改善されていることが分かり、思っていたより安い店があったので S5i の方を注文してしまいました。

カードと比較

表面積は丁度クレジットカードのサイズと同じくらいです。非常にコンパクトです(まあそれがウリなのですが(^^;)。重さも120gでほとんどの携帯電話よりも軽いでしょうね。

携帯電話と比較

レンズが出た状態

厚みも折りたたみ式携帯電話と比べるとかなり薄いです。ただし、レンズが出た状態だと普段の三倍近くになります。

まだそんなに沢山撮影はしていませんが、夜景モードで意外とノイズが少ないのに驚きました。Cyber-shot ではないですが、機動力を活かして、私なりに”ビジュアルブックマーク”的に使えればと思っています。

今回の購入に際して、FZ2 を処分してしまいました。これで私も”オールペン”の仲間入りです。

4 thoughts on “Optio S5i 到着”

  1. こんにちは、敦仔さん。総帥自らお越しいただき畏れ多いです(^^;。

    「掌上都市觸覺」では *ist D の写真もさることながら、Optio X や SH901iC の写真に驚かされます。

    やはり写真においてはカメラやレンズ以上に腕が重要なんだなと痛感します。

    ということで、未熟者の私には敦仔さんにお見せ出来るような写真が撮れるかどうか分かりませんが、マシなのが撮れたらアップしてみようと思います。

  2. Optio はデジタル一眼を買おうと思う前に 750Z が良いなぁと思ってた頃がありました。あれが、もう少し広角寄りだったら買ってたと思います(^^;。

    それが S5i を買うことになろうとは思ってもみませんでした(爆)。

    28mmは私も Takumar とか古いレンズを安く買おうと思ってました。ちなみにビビターを落札したときに一緒にウォッチしていたのは M42 のペンタコン 29mm F2.8 です。

    ビビターは現役でしたか(^^;レンズ自体は日本製(キノ電子?)らしいですが。

  3. TBありがとうございました^^
    で、ペンタ沼へようこそ(笑)

    XとS5iって、光学系はいっしょだと思うのですが、
    受光体とかは別物らしいんですよね~。

    ぜひぜひ、S5i的夜景を見せて下さいませ!
    あと、XではCGのようになる風景モードの比較も気になります!!

  4. おお、Optioを買われたんですね。
    私が今まで使ってたCOOLPIX885はポケットサイズデジカメとしてはちょっと太くて大きめなんで、もう少し小型の、できればPENTAXの(笑) が欲しいです。 作例楽しみにしてますのでS5iの写真お願いしますね~。

    28mmのレンズ買われたんですね。私も50→40→35と来たんで、28mmあたりはお安いM42系のを何かと思ってたところでして(^^;  ビビター?って知らなかったんで今検索してみたら、現役の会社なんですね。こちらの作例も楽しみにしております(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください