思いがけずまとまったお金を手にしてしまった。そこで欲しい物を整理してみたいと思う。

まずパソコン。これは今の LOOX T70H に満足している。何の不満もない。時々フラフラと iBook が欲しくなるが。やはり現状で MacOS X に移行するのは厳しいと思う。

続いて PDA。タイミング良く(?)東芝や日本ヒューレットパッカードから新機種が発表されたが、こちらも食指は動かない。確かに 2003SE 機は魅力的だが、今の h4350 には満足しているし、それに変わる後継機種(キーボード搭載機種)も今のところ出る様子がない。PDA に関しては今の所スルー。

さらに続いて携帯電話。以前から NTT ドコモの Bluetooth 搭載 FOMA 端末 F900iT が欲しいと言っていたが、まだ高いし、SO212i への愛着もあるので今しばらく静観。ボーダフォンからも 3G 携帯電話が発表されたのでそちらの動向も気になる。 h4350 の次の PDA としてはスマートフォンも候補に入ってくると思うので、携帯電話も来春くらいまでは様子を見た方が良いと思う。

となると今私が一番興味があるのはデジタルカメラということになる。デジタルカメラは今使っている DMC-FZ2 で概ね満足している。200 万画素なのが気になるが、それは後継機の DMC-FZ3 とリプレースすれば解決される。でも今は広角が撮れるカメラが欲しい。28mm からの広角が撮れて 3 倍以上(出来れば 5 倍以上)の望遠が撮れるカメラが欲しい。選択肢はあまり多くないが私が目を付けたのはコニカ・ミノルタの DiMAGE A1 と リコーの Caplio RX だ。

この二つのカメラは 28mm からの広角が撮れる事くらいしか共通点がないと思う。全く違うセグメントのカメラで本来同列で語られるべきではない。

DiMAGE A1 はレンズ交換こそ出来ないが、一眼レフタイプのカメラでズームやフォーカスも手動で調整できる。現行機種ではないものの、いわゆるハイエンドに位置するカメラだ。
かたや Caplio RX はポケットにも気軽に入れられるコンパクトなカメラで、レスポンスも早く、スナップ用途に向いているカメラと言える。

現状を冷静に分析すると、FZ2 で望遠を、RX で広角をカバーする組み合わせがベストだと思う。私の主な被写体が猫であるせいもあるだろうが、撮影の際にはあまり考えずにとりあえずシャッターを切るようにしている。考えて撮った写真ほど得てして首をかしげる出来になるものだ。A1 は確かに細かな所まで調整できるが、それは私の用途とは合わないと思う。気軽にシャッターを切れるのはやはり FZ2 と RX だ。

でも今は A1 が欲しい。理由は A1 の店頭在庫が切れかけているとか、ミノルタ単独のロゴが付いているとか、SHINO曰く「オタク的な理由」が多い。実際に、買えば「宝の持ち腐れ」になってしまう可能性はかなり高い。第一予算オーバーだ。でも欲しい。これは単なる物欲であろう。

A1 を買って本格的に撮影の勉強をしようと気持ちも無いではない。以前「週末フォトグラファーへ転身?」というエントリを書いたが、あれが現実のものとなる。今にして思えばあの時 DiMAGE Z2 を買っていても(結果的に FZ2 を買ったが)「週末フォトグラファー」にはなれなかったと思う。Z2 はそこまで大層なカメラではない。FZ2 も然り。ただそれらの機種を使いこなせていないのもまた事実。A1 を買うなら相応な覚悟が必要だ。

でも、写真を撮るって覚悟が要るようなものじゃないよね?

2 thoughts on “戯言”

  1. > でも、写真を撮るって覚悟が要るようなものじゃないよね?
    覚悟はいらないですが、被写体に一歩踏み込む気迫がいります。
     ロバート・キャパ曰く、もしよい写真が撮れないとすれば、それは近寄り方が足りないからだ。

    ところでギターなんていかがですか? あるいはウクレレとか。
     ウクレレは、ちょっと気が向いたら弾いてみよっかなみたいな、敷居の低さが魅力的ですよ。

  2. >> ところでギターなんていかがですか? あるいはウクレレとか。

    いや、新しい趣味を見つけたいのではなくカメラを買いたいのですが(^^;。

    >> ロバート・キャパ曰く、もしよい写真が撮れないとすれば、それは近寄り方が足りないからだ。

    確かに高倍率ズーム機を使うようになって以前より被写体に近寄らなくなりましたね。

    ここは TC-1 や GR1 といった単焦点のコンパクト機を中古で買ってみましょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください