日本で苦戦のXbox、抱き枕『かすみちゃんクッション』で挽回か

2004年2月6日 2:00am PT  テクモの『Xbox』用ゲーム『DEAD OR ALIVE Xtreme Beach Volleyball』には、ビキニ姿の肉感的な女の子たちが登場する。彼女たちと現実にベッドをともにすることはもちろん不可能だが、3月に日本でXboxを買えば、米マイクロソフト社(ワシントン州レッドモンド)の日本法人はそれに近い体験を提供してくれる。

1月17日のファイルに書いてました『Xbox かすみちゃんブルー』に付属する『かすみちゃんクッション』が、3日公開されました。

かすみちゃんクッション

それ自体は色々な所で記事になっているのですが、今回参照した記事は海外の記者が書いた記事の和訳で、なかなか面白い表現があちこちにあります(^^;。

この記事で初めて知ったことは、日本で10万本以上売れたXboxのゲームが、DEAD OR ALIVEシリーズの2タイトルしかない、ということ。これじゃ『XboxはDOA専用機』と言われても仕方ないですね(爆)。

一番最初の DEAD OR ALIVE が出た当時は、私がまだゲーセンに出入りしてた頃なので、リアルタイムで知っています。「バーチャファイター」「鉄拳」の双璧挑んだ意欲作という印象で私は結構好感を持っていました。それが今やビーチバレーとは……。ある意味 Xbox を代表する作品として出世したとも言えるんでしょうけどね。

カテゴリー: MISC

2 thoughts on “Xbox は DOA 専用機?”

  1. 『抱き枕』と入力して検索してみて、とりあえず人類は再来月くらいで滅亡してもかまわないかと思いました。
     徹頭徹尾クールであからさまな直訳記事は、逆にそのへんを見て見ぬふりしている日本メディアとは違い、好感が持てるものでした。いや、しかし欧米オタクはこの記事を読んで日本オタクをどう思うのでしょう。

  2. 『抱き枕』の検索結果は私も驚きました。
    記事中の Google 検索結果は原文でもリンクされているらしいです(^^;。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください