その中で、Apple ComputerからOEMを受けて投入するiPodの、国内での投入計画についても言及した。

HP が Apple の iPod を自社ブランドで販売することになった。最初このニュースが流れたときはスルーしていたが、日本 HP が国内でも iPod を投入するというこのニュースを見て少し思ったことがある。

果たして日本で HP 版 iPod は売れるのだろうか? 今のところ Apple 版と HP 版の違いは色くらいである。Apple 版も Mac 専用ではなく Windows でも使える。アメリカでの HP のシェアやブランドイメージ、販売経路のことはよく知らないが、日本で同じような製品をこの両メーカーが出せば普通、Apple の方を買うのではないだろうか? これは私が元(?) Apple 信者だからそう思うだけだろうか? 日本で出すなら、ソニーや松下と提携した方がインパクトはあったように思う(実現可能性は皆無に近いと思うが)。

まあ、実際に製品が出れば色以外にも差別化されてくるかもしれない。将来私が iPod を買うかどうか別にして、これを機に Mac 用は Apple 版、Windows 用は HP 版とか切り分けられると少し悲しい。HP は h1920 の購入以来好感を持っているので頑張って欲しいとは思う。

しかし、私としては iPod も良いが、h4350/h4150 の日本語版発売を切に願う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください