任天堂、ファミコンソフトを再現したGBA用「ファミコンミニ」と「ゲームボーイアドバンスSP “ファミコンカラー”」を2月14日に発売

任天堂株式会社は、ゲームボーイアドバンス用ソフトとして、ファミリーコンピュータ(ファミコン)ソフト10作を移植した「ファミコンミニ」を2月14日に発売すると発表した。価格は1本2,000円。また、同日、ファミコンバージョン「ゲームボーイアドバンスSP」とは異なるカラーリングで「ゲームボーイアドバンスSP “ファミコンカラー”」を発売することも明らかにした。こちらの価格は12,500円となる。

移植ソフトは懐かしいタイトルが揃ってますね。注目はやはり”ROM版”ゼルダの伝説ですか。私達の世代がターゲットなんでしょうね。私はというと興味はあるけど、いまやゲームしてる暇がないですからね(^^;。ファミコンミニは以前プレゼント企画で作られたスペシャルカラーとは少し違います。あれはコントローラの金色が入ってましたね。

ファミコンミニ 

カテゴリー: MISC

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください