原題:
2.”STRANGERS IN THE NIGHT”

放映日:
1986/09/29

ダイジェスト:
ALF decides to have some fun while a nervous Mrs. Ochmonek baby-sits Brian.

あらすじ:
ケイトとリンがパーティに出席する夜、急な電話でウィリーも会社へ行くことに。ブライアンを一人残しては行けないので、お隣のオクモニック夫人ラケルに子守を頼むことに。その間寝室で大人しくしてるよう言われたアルフは言いつけを守らずうろちょろして、何度もラケルに見つかりそうになります。そんな時タナー家に空き巣が入りますが、アルフの活躍(?)で見事撃退。盗品も戻って何とか事なきを得ました。

雑感:
今回はアルフ一人のシーンが多かったです。窓に二回続けて挟まれた時のリアクションが最高。一人ファッションショーのシーンがラストへの伏線にもなってます。トレバーとラケルの掛け合いも楽しいです。特徴だけ聞くとアルフとラケルを間違えるのも無理のない話です(爆)

今回の名言:
「そういうことしろって学校で教わったの?」[アルフ](空き巣に対して)
「宇宙より広いわたしの心を裏切ってもう」[ウィリー](言いつけを破ったアルフに対して)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください