最近 3210 のバッテリが少しヘタって来たようだ。

無線 LAN カードを付けているので消費電力が激しいのは分かるが、最近目に見えて稼働時間が短くなってきたように思う。

稼働時間が短いのは良い。バッテリ残量のインジケーターさえ正常に表示されていれば。

Windows の標準ではインジケーターは三段階に変化するが、二段階目のときにいきなり落ちるのは止めて欲しい。三段階目まで行けば「そろそろ充電しよう」と思うが、二段階目なら「まだまだいける」と思ってしまう。実際 3210 は最近までその通りだった。ここ二日ほど連続して気付いたら電源か切れてしまったという状況に見舞われている。

バッテリ劣化はノートパソコンにとっては必ずついて回る問題だが、ヘタったからといっておいそれと買い替えられないのが現実だ。等と書いてる間にインジケーターが二段階目になった。こうなればもう安心しては使えない。アダプターのある場所まで撤退せねば…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください